文章作りが苦手な人ほど、しっかりと学んで欲しいのが「キャッチコピーの作り方」です。

キャッチコピーは、文章の始まりや、チラシやWeb上の目立つ場所に配置されている文字列のことで、タイトルやサブタイトルとも呼ばれたりします。

閲覧者の興味を引きつけて、中身をしっかり読んでもらうのがキャッチコピーの目的ですので、工夫が大切です。

リアルで言えば、お店の前で呼び込みをしている人や看板をイメージしてもらうと良いかも知れません。

 

「安い!」「美味しい!」「17時からハッピーアワー」等々、短い言葉でわかりやすくサービスや商品のメリットを伝え、興味を持ってもらう大切な役割です。

リアル店舗だけでなく、Webでもチラシでも非常に大切な役割ですから、しっかりとツボを押さえましょう。

 

 

HPやブログでは、一番上に配置されている文字列が「キャッチコピー」に該当します。

役割が重要だということはお分かりでしょうが、実際にこれを作成しなければ見込客を呼び込むことが出来ません。

 

ターゲットとなる人を意識しながら、キャッチコピーを作ってみましょう。

 

キャッチコピーの最も大切なことは「訴求」です。

「訴求」とは、「誰に」に「何を」伝えるかということです。

 

しかもキャッチコピーは、最初のたった3秒、チラシなら1秒にも満たない時間で「価値」を判断されてしまいます。

どうすればターゲットがピンとくるような、強烈なキャッチコピーをつくれるでしょうか?

 

短い言葉(フレーズ)で、商品やサービスの魅力や情報を凝縮し、わかりやすく訴求しなければいけません。

繰り返しますが、「訴求」とは、「誰に」に「何を」伝えるかということです。

 

この「誰に」「何を」のどちらが欠けても意味を成しません。

お酒を一切飲まない人に「ビール飲み放題」は全く魅力がありません。

 

適切な人に、適切な言葉を使うことが大切です。

 

 

実際にキャッチコピーを作成するヒントをあげてみます。

あくまでも一例と参考になりますが、これをヒントとして改良して利用しましょう。

 

まずは「真似る」ことが大切です。

成功事例を真似てオリジナルにアレンジするのが良いでしょう。

 

また、イメージが湧かない「カッコいいだけの言葉」はいりません。

TVCMのキャッチコピーではないので、分かりやすい日本語で十分です。

変なイメージコピーを作成するのはやめておきましょう。

 

 

【具体的数字を使う】

言葉で説明するよりも反応が良いのは、具体的な数字です。

「たくさん売れています」よりも「1時間に100個売れています」のほうが、スケール感が半端なくイメージできますよね。

 

【お客さまの声を使う】

第三者の声ほど強いものはありません。

ネットで買い物をするときに、既存客のレビューを参考にした経験はありませんか?

お客様の声を利用するほど強力な訴求効果はありません。

 

【常識や思い込みを否定する】

誰しも思い込んでいる「先入観」と言うものがあります。

少し前に流行した「家はまだ建てるな!」と言う感じの否定をプロが発信することで、興味を持つ人を引き寄せる効果がありました。

ただし、この手はあまりやり過ぎると「胡散臭く」なるので注意です。

 

【得られるメリットをしっかり見せる】

「困ったこと」「不便なこと」「不満」などを解消できることを連想させる言葉をキャッチコピーに盛り込みます。

現状からどう変われるのか?がイメージできると強い訴求になります。

 

【権威性を利用する】

商品・サービスにまだ実績が少ない場合は、類似の有名商品や、信頼性の高いものから情報を借りましょう。

有名人の〇〇さん愛用!と言った感じです。

 

【情景・イメージを連想させる】

言葉から情景がイメージできると強い訴求が生まれます。

「キンキンに冷えたビールとよく合う◯◯」「赤ちゃんのような、プルプルのお肌」は、鮮明なイメージできるので効果が非常に高いです。

 

【欲求をくすぐる】

「衝撃の〇〇」「まだ◯◯を知らないの?」と言った感じの、よく目にするキャッチコピーの作り方です。

伏せ字を使うことにより、知りたいと言う欲求を刺激します。

 

【悩みに訴求する】

キャッチコピーで一番大切なことはターゲットに刺さる言葉です。

ターゲットが抱える悩みそのものにドキッと思わせる言葉があれば完璧です。

【具体的に表現する】

キャッチコピーには数字が有利だと言いましたが、さらに具体的であるほど現実味が増します。

「9割」と言うよりも「91.5%」の方がより大きいイメージが湧きます。

また、利用する数字は「奇数」が良いとされています。

 

【限定にする】

某TV販売でもよく利用されますが、「今ならなんとこのお値段!限定100個!」と言われると、すぐに購入しないとなくなりそうな焦りが生まれます。

「数量限定」「期間限定」「地域限定」のキーワードは強く、適材適所で利用すると効果があります。

 

 

コピーの作成方法はこれだけでは終わりませんが、基本として使える型として有効に利用してください。

コピーができた後は、家族や友人・知人に見てもらって反応を見るのが良いでしょう。

 

プロの場合は何百・何千と言う膨大な量のコピーを作成します。

その中から優れたものを数点取り上げて、実際のチラシ等で反応を測定します。

測定結果の良いものを最終的に利用していくと言う流れです。

 

最初から完璧を目指さず、まずは思い浮かぶままに「量」を書き出していきましょう。

その中にもヒントは隠されているものです。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありががとうございました。

 

 

先ずはお金を掛けずに、無料で勉強しましょう!

      ↓↓↓

【ストレスフリー集客!7日間集中無料メルマガ】 読者登録フォーム