前回の記事でブログの必要性について記載させて頂きました。

今さら??と感じる人も居るようですが、「ブログ」や「メルマガ」の文字コンテンツは今でも有効的です。

 

書けば書くほど情報が蓄積されるため、集客の効果を表します。

また、「先生としての威厳」や「プロとしての立ち位置」をしっかりと確立できるため、ブログはしっかりと書き込むことが重要です。

 

今回はさらに「読者を集める」「仕組みのあるブログを作る」と言う点を掘り下げて説明していきます。

 

 

【ブログを書く際に大切な注意点】

 

これは多くのブロガーと読者の中で生じる問題ですが、そもそもの「内容」「訴求」が間違えている場合があります。

 

芸能人のブログを見て「パーティーの食事」「日常生活の楽しい思い出」を書いている人を見かけます。

しかしこれは、名前が世間に知れ渡った「芸能人」だから可能な話で、素人には関係ありません。

 

どんなにイケメンでも、美人でも、素人の私生活には興味はありません

読者はあくまでも「自分にとって得か?損か?」と言う視点でブログを読んでいます。

 

他人の私生活にもパーティーの食事の自慢にも、全く興味はありません!

 

このようなコンテンツの記事は書かないように心掛けましょう。

単なる迷惑なブログになります。

 

 

ブログやホームページ作成において「SEOが大切!」とよく言われます。

SEOとは「サーチ・エンジン・オプティマイゼーション」の略で、「検索エンジン最適化」を意味します。

 

グーグルの検索に対して、上位表示させる大切な役割を持ちますが、これも勘違いしている人がいます。

 

SEOはあくまでも対コンピュータの対策であって、読む人間から見て「面白い!」「つまらない!」と言う判断を下すものではありません。

検索してきた人に対して、上位に表示させるだけの効果です。

 

どんなに上位表示されても、開けた瞬間「超つまらない内容」であれば、誰も読んではくれません。

 

SEOは大切です!

しかし、SEO以上に読者が喜んでくれる内容をしっかりと作り込みましょう。

読むのは読者であり、「人間」です!!

 

 

SEO上の対策から、ブログ1記事に対して必要な文字数と言うのがあります。

3000〜5000文字が理想という説もありますが、これはあくまでも「目安」です。

 

5000文字と言うのは非常にボリュームがあり、実際に読むには苦痛を感じる人も存在します。

できるだけ文章は簡潔明瞭にして、読み疲れないように「挿絵」「図解」を入れるなどの工夫をしましょう。

 

どんなに文章を読むのが得意な人でも、仕事モードからOFFになれば、ダラダラとした読み物風のものを好みます。

辞書のような難しい文章が5000文字もあれば、気合いを入れないと読めません。

 

「わかりやすく」「簡潔にまとめる」が大切になります。

 

 

今回は簡単な「注意点」のみですが、次回はもう少し掘り下げて説明を追記していきたいと思います。

繰り返しになりますが、ブログを読んでくれるのはコンピューターではなく「人間」です。

 

相手を思いやる気持ちや、読みやすくする工夫を心掛けましょう。

上手に話を伝える人は、要点をしっかりと抑えて簡潔に話をします。

これは文章でも同じです。

 

堂々巡りするような長い文章は避けて、わかりやすい表現を書くように努めましょう。

 

 

 

本日は以上です、ご清覧ありががとうございました。

 

 

先ずはお金を掛けずに、無料で勉強しましょう!

      ↓↓↓

【ストレスフリー集客!7日間集中無料メルマガ】 読者登録フォーム