前回の記事の記事に続き「読者を集める」「仕組みのあるブログを作る」と言う点をもう少し掘り下げて説明していきます。

 

「ブログの必要性」については何となく理解されている人が多いものの、「書くメリット」をしっかりと理解されていない方が多いように見受けられます。

多くのブロガーが「自分目線」「売り手目線」でブログを書いているからです。

 

読むのは常に「読者」「相手」「人間」であると言うことを意識して、情報発信するようにしましょう!

 

 

【売り込みの禁止】

商売をする人は、どうしても自分の「商品」や「サービス」を売りたいと思ってしまいます。

その気が無くても、訪問してくる人をついつい「お客様」にしたくて、売り込みをしてしまったりしていませんか??

 

無理な売り込みは自分自身の「ストレス」の原因になるだけです。

 

「買ってくれるかも?!」「お客さんになってくれるかも?!」と言った下心は一切捨てて、ブログは「与えること」に専念しましょう。

 

訪問して下さった人の役に立てる情報を提供してあげましょう。

自分自身が訪問者の気持ちになり、どんなポイントに悩むのか?どこが知りたいのか?をしっかりと理解してブログを書きましょう。

 

 

【全ての情報を開示しない】

ブログの訪問者の悩みを解決してあげられる情報を提供しましょうと、先ほど述べました。

しかし、「全ての情報」を開示してはいけません。

 

あなたが販売しているものが「商品」であれば構いませんが、「サービス」「情報」と言ったものである場合は、大切な商品を無料で提供してしまうことになります。

それでは単なる「慈善事業」「ボランティア」になってしまうので、何の収益も生みません。

 

大切なことは、訪問客の「悩み」「欲求」に強く訴求して、「解決出来るかもしれない!!」と思わせることです。

真の解決策は、ブログから誘導する「メールリスト集め」等の顧客リストと引き換えに情報を提供していきます。

 

ブログで大切なことは、筆者が「専門家」「プロ」「先生」であることをしっかり教育することです。

大切な情報の真髄はタダで販売しないようにしましょう。

 

詳しい「流れ」は次回に紹介致します。

 

 

【専門用語は避ける】

これは「どの業種」にも通じることですが、ついつい専門性が高まると「専門用語」を使ってしまいます。

私も昔は建築系の業界にいたので、長さの単位を「ミリメートル」で表現してしまいがちでした。

 

多くの人は「2300ミリメートル」と言ってもピンと来ません。

素人でもわかる表現にすれば「2メートル30センチ」です。

 

「単位」だけでなく、素人の人では理解できない「業界用語」「専門用語」がたくさん存在します。

読者は素人であることが多いので、「表現がわかりやすいか?」「専門用語は無いか?」を毎回確認するようにしましょう!

 

チェックしてくれる素人の第三者や家族・友人・知人に見てもらうのが理想です。

 

 

【文字量と漢字の量を意識する】

「読みやすさ」の一つの指標として「漢字の量」が関係します。

正式な文章の場合は「漢字」はしっかりと変換すべきですが、読みやすい文章には「漢字の使用比率」が大きく関与します。

 

文章全体の30%を超えると「硬いイメージ」になるようで、非常に読み辛く感じます。

簡単な漢字でも、時には「ひらがな」にしてあげる方が親切です。

 

漢字の量を調べるには漢字使用率チェッカー(←文字を押すと別ページが開きます)と言った無料のツールも存在します。

活用して、読みやすい文章に仕上げましょう!

 

 

【質より量】

これはよく質問されますが、ブログの記事を「量産するべきか」「質にこだわるべきか」という問題です。

色々な説がありますが、私はズバリ「量」を推奨します。

 

「量は質を凌駕する」と言います。

 

実際に「質」と「量」を比べる試験がありました。

陶芸品を作るグループを2つに分けて、1つは「質」を追求したグループ、もう1つは「量産」させたグループです。

結果は「量」グループが入賞したようでl、量産することにより質は向上したそうです。

 

1つの記事にこだわりすぎるよりも、出来るだけ毎日更新をする方が読者も増える傾向にあります。

毎日同じ時間に配信すると、読者も安心するようで、しっかりと読んだり、中にはわざわざコメントを送って下さる読者も出てきます。

 

ブログは後からでも投稿を修正できます。

まずは質よりも量を書くこと、記事数を増やすことを優先して下さい。

 

 

いかがでしたか?

ブログを書いている人は、今後の記事を書く際の注意として活用して下さい。

まだブログを書いていない人は、これから書くための糧として活用して下さい。

 

次回は「ブログから集客の流れ」を紹介します、お楽しみにお待ち下さい。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありががとうございました。

 

 

先ずはお金を掛けずに、無料で勉強しましょう!

      ↓↓↓

【ストレスフリー集客!7日間集中無料メルマガ】 読者登録フォーム