「集客」だけでなく、「商売」を行う上では非常に重要になる「ポジショニング」!

あなたの商売もしっかりとした「ポジショニング」ができていますか??

 

集客に困っている…

商売が軌道に乗らない…

どうも売り上げが低迷している…

 

商売の原点に戻り、しっかりと「ポジショニング」を設定し直しましょう!

 

 

お客様から見て、初めて買い物(サービスも含む)するあなたは、どこの誰かも不明です。

街中を歩く「マスクした怪しい人」でしかありません。

どんな良い商品があっても、こんな怪しい人から買い物しませんよね。

 

お客様から見て、あなたが「何をする人」なのか?「何を売っている人」なのかまったくわかりません。

これでは幾ら良い商品やサービスがあっても、誰も買ってはくれませんよね。

 

ここで大切になるのが「ポジショニング」です。

 

 

【ポジショニングの行い方】

 

「うちなんて特徴がないよ!」と言う経営者さんがいます。

しかし、どんな商売であれ「あなた」の代わりをする事はできません。

 

「USP(ユニークセールスポジショニング」=自社の強み

これはどんな小さな企業でも存在します。

 

USPが無いと、他社との差別化は難しく、どうしても「値段合戦」に突入してしまいます。

そうならない為にも、必死で「ポジショニング」を行いましょう。

 

「ポジションング」の一番有効な手段は「自己棚卸し」です。

自分自身の「経験」「過去の出来事」「思想の原点」「志」等を時間をかけて書き出してみましょう。

 

その中から、今の商売に繋がった重要なエピソードをまとめます。

そして、さらに煮詰めたものが「ポジショニング」になります。

 

 

「ポジション」がしっかりすると、値段勝負から解放されるでしょう。

立場もお客様優位から、売り手優位に変わります。

 

BtoBでも、BtoCでも基本の形は変わりません。

商売を行う上で、規模は関係なくしっかりとした「ポジション」を作り上げましょう。

 

「ポジショニング」を行う上で重要な事は、最初から「完璧」を求め過ぎないことです。

70〜80点程度の物を作り上げれば上等です!

 

何度も何度も後からブラッシュアップして、完成するようにしましょう。

 

 

お客様と長い関係を構築して、安定した収益を確保する為には「ポジショニング」は避けては通れない重要なポイントです。

とは言え、頭を使う作業だけに、日常の業務に追われてしまい、後回しにしがちです。

 

一気に作り上げるくらいの時間を作成して、重要なポイントを「自己棚卸し」して、しっかりとした構想を練りましょう。

面倒な作業に思いますが、今後の事業が大きく変わります。

成功する商売と、苦しいだけの商売にはこの差が非常に大きく関与しますので、頑張って挑戦して下さい。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありががとうございました。

 

 

先ずはお金を掛けずに、無料で勉強しましょう!

      ↓↓↓

【ストレスフリー集客!7日間集中無料メルマガ】 読者登録フォーム