社内の人材育成や、クライアントの質問に対して、ついつい答えを与えたい気持ちになりますよね。

しかしこれは要注意です!!

 

「与える事」は「奪う事」になり、大切な成長を妨げてしまいます!

さてさえて、どう言う事でしょうか?

 

 

どうしても人間誰しも、相手が知らないことを教えたくなるものです。

人生で経験したことや教訓、セオリー的な話を。

 

部下や同僚の成長のため!クライアントのため!と思って親切心で答えを教えてあげたくなるものですが、ちょっと待ってください!

 

 

「答え」を教えてしまうと言うことは、相手にとって「考えるチャンス」を奪うことになるのです。

正しい答えを出すことが優先ではなく、先ずは相手にしっかりと考えさせて、自分の問題であると言う認識を持たせることが大切です。

 

十分に考えさせてあげてから、どうしても分からない時には回答を出してあげましょう。

 

 

安易に回答を与えてしまうと、「思考」の部分に定着しません。

思考がしっかりと定着しない限り、次の段階である「行動」に移れないのが人間の特性です。

 

人材育成や、クライアントを動かすためには、しっかりと「思考」の部分を見守ってあげましょう。

 

 

与えることは奪うこと!

考えるチャンスと、自分自身の問題に真剣に取り組む思考を教えてあげましょう。

 

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

 

先ずはお金を掛けずに、無料で勉強しましょう!

      ↓↓↓

【ストレスフリー集客!7日間集中無料メルマガ】 読者登録フォーム