ビジネスで最も重要なツールの1つに「名刺」があります。

ネット上のみで活躍されている人でさえ、最低限の名刺は利用されています。

 

営業ツールとしても有効的なアイテムであり、使い方によっては「最強」との声もあります。

今回はこの名刺の役割と使い方をお話します。

 

【名刺をつくる目的を考える】

名刺を利用する目的とは一体何でしょうか??

業務内容を伝えたり、自分の顔と名前を覚えてもらったり、 用途は実に様々です。

 

しかし名刺は、単に名前を覚えてもらうだけでダメです。

当然覚えてもらうには「創意工夫」が必要です。

 

 

単純に表面に社名と氏名と連絡先、カッコいいだけの名刺を多く見かけます。

しかし、このような名刺で意図する大切な事が伝わるでしょうか?

 

世の中には、名刺を「最強の営業ツール」だと位置付けて、最強に作り込んだ名刺をお持ちの方もいらっしゃいます。

 

もらった後に「あれ? この人だれ?」 となるよりも、やはり印象付けるための名刺が必要ですよね。

そうでなければ、名刺を渡す意味がありません。

 

 

名刺の素材や、デザイン、キャッチコピーなどで相手の印象に残るように工夫しましょう。

 

お客様から見て必要な項目は、連絡先と「お困りごとの解決」です。

そして最低限でも、「捨てられないこと」「カッコよさなんていらない」「必要な時に、すぐに出してもらう事が出来る名刺」をしっかり把握して作成しましょう。

 

 

少し変わった名詞として「素材や形を変えた名刺」があります。

 

①ほのかな香りと手ざわりが気持ち良い「本物の木」でできた名刺

「木の名刺」は、杉やヒノキなど、天然の木材でできた用紙を使った名刺です。

相手もきっと記憶に残るでしょう。

 

②立体感のある飛び出す名刺

名刺を開くと立体的に飛び出す名刺です。

まるで飛び出す絵本のような名刺には相手も驚くでしょう。

 

世の中にはたくさんの種類の名刺があります。

名刺を配る用途をしっかりと把握して、目的に合ったものを作成しましょう。

 

本日は以上です、ご清覧ありがとうございました。

 

 

先ずはお金を掛けずに、無料で勉強しましょう!

      ↓↓↓

【ストレスフリー集客!7日間集中無料メルマガ】 読者登録フォーム